Hair

黒人ハーフさんの縮毛矯正!やり方は?

こんにちは!!黒人さん。ハーフさんの髪の毛を専門に美容師をやっていますアミです!

今回はちょっと長いブログになりますが、どのようなことをして

皆さんの髪の毛がストレートになっているのかをブログに書いていこうかなと思います。

 

まあ、、、そんな特別なことしてないんですけどね・・(笑)

 

というわけで。早速写真を使ってアップしていきます。

今日ご紹介するお客様はこちらです。

毛先にはもうすでにストレートがかかっている状態で、根元がもう10センチ近くくせ毛が伸びてきてます。

ここにストレートを当てていきます!

髪質や髪の毛を状態を見て、濡れた状態で一液を塗布した方がいいなと判断したら、一回シャンプー台で

髪の毛を濡らすところから始めますが、今回はもうそのまま塗りました!

こんな感じです。くせが出ている部分から一センチくらい少しはみ出して塗りますが、

髪の毛が痛む場合もあるのでこれも髪質や状態によって変えています。

この一液で塗り漏れがあると綺麗にかからなくなりますので、しっかり均一な量塗っていきます。

ただ、ここに時間をかけすぎると、塗っている段階でもう一液の反応が出ますので

手際よく塗り進めることがとても大事です。

この一液塗布した後は、ラップして大体20分放置します。

温めたりは私はしないです。

 

20分経って、髪の毛を見て、一液の反応が十分にあるなと確認できたら、シャンプーです。

しっかり洗い流して、必要なプロダクツをつけていきます。ケラチンという成分はマストでつけます。

そして髪の毛を乾かしてアイロンです。

この乾かすのもとても大事で、均一な水分量を残して乾かします。

なので乾きやすいハーフの子たちの髪質は最後にアイロンする部分は最初の段階で乾かしすぎないようにします。

アイロンは190度でしっかりかけていきます。

アイロンも本当に美容師さんによるのですが、一液を塗ってなくても毛先までアイロンすることも

ありますが、私は基本的に一液を塗布した部分のみアイロンします。

 

アイロンが終わったら、ドライヤーで少し冷まして、二液と塗布。

10分ほど時間をおいて、流してトリートメントしたらもう縮毛矯正は終わりです!!

しっかりオイルつけて乾かして仕上げという形になります。

こんな感じです。

 

日本人の方でも縮毛矯正をかけにきてくださる方いらっしゃるのですが、薬のパワーが違うだけで

手順はおんなじです。

もちろん毛先まで縮毛矯正かけるのもおんなじ手順で行ってきます。

 

毛先までストレートかける場合は、だいたい、3時間半ほどです。

ただ、絡まりがあったりするとほぐしてからの施術になりますのでもう少し時間がかかる場合があります。

 

根元のストレートは3時間か、3時間かからない時もあります!

 

薬は結構強いのでやってるんですか??とよくご質問いただくのですが、

正直弱くわないです。しっかりかかるタイプの強さでかけています。

ただ、日本製の薬剤を使っているのと、お客様一人一人に合わせて薬剤の強さは変えています。

くせをのばすことはそんなに難しいことではありません。

一番難しいことは傷ませないこと。

傷んでしまったら綺麗なストレートヘアも維持できなくなり、切れ毛やパサつきをケアするのも大変です。

 

ダメージは、ある程度つきものですができるだけ傷まないようにするのが私の最善を尽くすことです。

 

 

ちなみに、縮毛矯正をかけた後でも、髪の毛を自由に巻いたり、結んだりアレンジができますので

ストレートにしても巻けばカーリーヘアにすることもできます!!

 

毛先までのストレートは22000円、根元だけだったら17600円です。

ご予約や事前カウンセリングはLINEにて承っております。

友だち追加

最新の情報や、ご予約状況に関しましてはinstagramにてマメに更新していますので

ぜひフォローしてチェックしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@am1yamae

 

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

ヘアスタイリスト アミ

 

 

 

黒人ハーフの方たちのヘアをストレートにする専門 美容師です。 シャンプー開発にも奮闘中。 ヘアケアやリアルサロンワークを中心に更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です